2009年3月9日、10日、私たち事務局は広島県内の寺院のみなさまと共に「チベットの平和を祈る広島の声」と題して、集会を行いました。今日のチベットの状況を鑑みてさらなる署名活動やチベットの平和のための活動が必要であることを再確認しました。
以下、決起集会にて最終的に採択しました広島宣言を掲載します。
——————————————————————————————————
チベットの平和を祈る広島宣言 2009
2009年3月10日
 私たちは本日この原爆ドーム前に集いました。それは人類の歴史ではじめて核兵器が人間に使用された場所であり、対話ではない暴力という狂気の結果を具体的に人類に示している場所だからです。
 ここで、私たちはチベットの人たちのために祈ります。これまで半世紀にもわたり、チベットでは何の罪も無い一般の市民が、不当に抑圧され、拷問をうけ、殺されてきました。これまでの50年で亡くなった方の総数は、この広島市の人口とほぼ同じです。
 人間の生命や生活は決して暴力によって脅かされるべきではありません。どんな人でも自らの信仰、思想、信条を口に出す、言論の自由をもっています。暴力の最終的な形が人類の破滅でしかないことは、私たちがいま立っているこの屍の大地が語り続けているのです。
 私たちはチベットの人たちのために祈ります。この問題がいまも未解決なのは、中国政府をはじめ、国際社会のさまざまな団体、企業、グループが自らの利害関係を優先し、他者の苦しみに無関心であったからです。それがチベット問題が解決しない最大の理由なのです。しかし平和は武力によってではなく、他者に対する思いやりのみによって築かれるものです。
 半世紀のチベットの苦難と闘争は決して彼らだけのものではありません。力のあるものが弱者をいじめている時に、その人が死んでしまうまで見てみないふりをすることは、人間の行為ではありません。だからこそ私たちはこのチベット問題に対しその苦痛を悼み、宣言します。
 私たちは自分の能力の限り、中国政府が人権蹂躙や文明の破壊活動を即刻中止するようはたらきかけます。そしてこの問題が全面的に解決するために、すべてのチベットの人の代表者であるダライ・ラマ法王と中国政府側とが、第三国の仲裁のもと、無条件での直接対話をすることを望みます。
 ダライ・ラマ法王の言葉にもあるように、この世のすべての問題は、人間がつくりだした問題にほかなりません。だからこそその解決もまた人間によって実現できるはずなのです。チベットの問題は必ず解決できる問題であり、世界平和は決して不可能なことではないことを私たちは信じています。チベットに本当の平和と自由を。
チベットの平和を祈る広島の声 参加者一同