変化はあなたの心からはじまります。

私たちによく似たチベットの人たちがいま死んでいます。

 

彼らはいままではこれも自分の業の深さだと信じ、結構遠慮がちに住んでいました。

富士山の上くらいの高さのその土地はもともと彼らの土地でしたが、

いまは別の巨大な国と一緒になってしまったからです。

 

最近彼らのなかで若者たちが昔の旗をふって、涙ながらに叫んでしまいました。

それから彼らは毎日、夜が怖くて眠れない日々が続いています。

なぜならば、夜になると捕まえられて、どこかに連れて行かれるからです。

 

彼らの王国がなくなって、もう50年も経っています

でも彼らには国よりももっと大切な人がいます。

それがダライ・ラマです。

 

ダライ・ラマは観音菩薩の代わりに彼らの世界にやってきた人です。

いつも他者のために生きることが自分の人生の意味だと教えています。

いまは遠く引き離されていますが、いつもチベットの人たちはダライ・ラマを信じています。

 

チベットにつづているこの苦しみはいつ終わるのでしょうか。

彼らはいつまで前世の業である罰を受けなければいけないのでしょうか。

 

きっといつかはチベットの人々がいた痕跡は全部なくなってしまうんでしょうね。

でも来世を信じるチベットの人々にとってそんな未来は悲しすぎます。

 

私たちの日本はチベットと同じ仏教国で、世界有数の経済大国です。

そんな日本にチベットの人たちに期待されています。

 

でも日本は戦争犯罪国として中国にいつも責められてばかりです。

だからいままで他の国と同じようにずっとチベットのことは傍観してきたんです。

 

でもこの先も、罪のない人が更にどんどん死ぬのを知らないふりをするのでしょうか。

もうチベットの人々に苦しみが続くのを終わらせてあげたくないですか。

私たちにできること、それはまず私たちのためにある
私たちの日本政府に願いを伝えることです

公開書簡に署名する

第1回分の署名を安倍元首相へ提出してきました

安倍元首相と岡野事務局長去る6月24日、みなさまより頂戴いたしました、署名(6月21日までの到着分、約13,000筆)を安倍晋三元首相を通じ、内閣官房へ提出してきましたので、ご報告申し上げます。安倍元首相は、このような国民の声が政府に届くことが大切であり、自分も今後機会がある毎にチベット問題について積極的に触れていきたいとのお言葉を頂戴いたしました。

現在行われている洞爺湖サミットの正式な議題にはのぼらなくても、昼食の席などでこの問題について議論が行われるであろうとのお言葉も頂戴いたしました。元首相としての経験上、中国という交渉相手はなかなか手強い相手ながらも、正しい意見を言い続けることが大切であるとのお言葉を頂戴いたしましたことをご報告申し上げます。

事務局では、このチベット問題が全面的に解決する日まで、このまま署名活動などを継続していきたいと考えておりますので、みなさま、今後ともご協力を賜りますようお願い申し上げます。

Filed in 事務局より コメントは受け付けていません。

公開シンポジウム2008開催のお知らせ

このたびのチベットの危機に関して以下の日程で公開シンポジウムを開催することとなりましたのでお知らせいたします。

チベットの未来を考える:公開シンポジウム2008

【開催日時】 2008年6月21日(土) 13:00~15:30
【会場】 RCC文化センター7F3C 広島市中区橋本町5ー11
【プログラム】
石濱裕美子先生による基調講演:「歴史学から見たチベット・中国関係史の実像」
ラクパ・ツォコ代表による現状報告:「チベット問題の現状と亡命政府の取り組み」
パネルディスカッション:「チベット問題の平和的解決にむけて」
詳細はこちらから

Filed in ノーベル賞受賞者の声 No Responses yet

目撃者は語る:Radio Free Asia ウェブサイトより

チベット自治区ラサからの電話、4月23日。

私たちはいま地獄にいます。食料品を買いにでかけるの時だって、ラサ市の発行している登録証と住民登録証との二つの身分証明書を携帯しかくてはいけません。5月末まではラサから出てはいけないと命令されています。そしてダライ・ラマ法王を批判するように強要されています。店舗や住宅を借りている人間は、その場所で分裂主義者との関係するものが見つかったり抗議活動をする者が見つかったら即刻逮捕して処罰すると脅されています。これがいまのチベットの地獄です。

四川省カルゼからの電話、、4月23日。

今日の午後1時ころカルゼのタウン・センターで二人の尼僧が抗議活動をしました。ブモ・ルガさん、32歳と、ソナム・デチェンさん30歳との二人です。彼女たちはカルゼにあるダカル尼僧院からやってきました。彼女たちはダライ・ラマ法王をチベットに戻して欲しいという要求とチベットは独立国家であると書いたチラシを配りはじめたのです。中国人の警備員がそのチラシをみて、回収しはじめ、誰が配っているのかを追究しました、その時尼僧たちは、道の角のところで、ダライ・ラマの帰還とチベット人への自由を呼び掛けて、叫んでいましたので、彼女たちはすぐに捕まってしまい、警察車両で連行されていきました。連行されながらも彼女たちは叫んでいました。彼女たちはカルゼ拘留所へと連れていかれたのですが、そこに拘留されているのか、どこか別のところに連れていかれたのか誰も分かりません。尼僧たちのチラシには、この活動は自分たちの意志であって、ダルカル尼僧院とはこの抗議活動は無関係であると書いて有りました。

カルゼ公安当局は「尼僧を逮捕してはいないし、その話は知らない」と語っている。

Original Article

Filed in チベット人の声 コメントは受け付けていません。

« 前ページへ次ページへ »