広島国際平和会議2006議事録編集委員会
岡野竜馬 野村沙永 野村正次郎

日本国政府へ向けてのチベット問題に関する抜本的解決のための
平和的対話の場の設定へのご賛同のお願い

 

 

謹 啓

 時下、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

 2006年11月1日・2日に広島国際平和会議2006「人の未来を考える」へ、ダライ・ラマ法王、デズモンド・ツツ大主教、ベティ・ウィリアムズ氏という3人の平和の巨匠を迎え、私たちは赦しの精神と平和を希求する思いから集いました。

 あれから2年も経っていない、本年3月10日よりダライ・ラマ法王をしたってやまないチベットの人々が、中国チベット自治区ならびに近隣のチベット自治州で自由を求めて立ち上がったのに対して、中国政府によって軍事的に制圧し、中国人・チベット人の双方に多くの死傷者が現在もでていることは、既に周知のことと存じます。

 デズモンド・ツツ大主教は本サイトに掲載していますように声明文を発表され

殺戮、投獄、拷問はスポーツではありません。無実の人々は釈放され、自由が与えられなければなりませんし、公正な裁判がなされなければならないのです。

と世界に向けて呼びかけられています。また同じくベティ・ウィリアムズ氏を始めとする26人のノーベル賞受賞者は、声明を発表し

チベット問題が平和的かつ中国とチベットの双方にとって有益な解決に向かうよう、中国政府がダライ・ラマの特使との対話を早急に再開すること

を強く求めています。

 遠くこの日本にいるものとしては直接何もできませんが、私たちは彼らの「チベット問題の平和的解決」こそがチベットのみならず中国を助けるのだという素晴らしいメッセージに強く共感し、何かいまこの苦しんでいるチベットの人たちに広島、そして日本から平和的解決へと向けた温かい支援活動はできないものかと考えております。

 つきましては世界平和を希求する市民の声として、我が国へ別紙の通りの呼びかけを行いたいと考えています。要望の要点は以下のとおりです。

 お忙しいところ誠に恐縮に存じますが、内容をご査収の上、どうかご賛同戴けますようお願い申し上げます。なお、本要望は北京五輪に反対の意を唱えたり、チベット独立を支援したり、中国政府を攻撃する趣旨のものでは決してありません。

 

 

 

No Responses yet